平成28年度KQN学習会の組み立て

KQNは「研修会」ではなく「学習会」を企画・提供しています

 一般的に提供されている人材育成プログラムの多くは、役職や職種などで分類した対象者に応じた知識や技能などの専門力を習得させる「研修」スタイルとなっています。業務遂行に求められるスキルや資格を短期に獲得することができることから、様々な研修会が企画、提供されています。
一方、私どもKQNは、研修会とは趣旨の異なる「学習会」を企画し、ご提供することに努めて参りました。KQN学習会は、有意義な人生を送るために、同僚やお客様との接点のなかでいかなる価値創造をしていくのか…といった、本質的な「考え方」の整理をお手伝いするものです。

KQNキックオフセミナー 新社員人財化セミナー 現場力強化講座 上司力強化研修

学習会に参画することで得られるもの

KQN学習会にご参画いただき、共に目指していくところは「高い影響力」の獲得です。人間として生き、暮らし、働いていく中で、関わり合う家族や同僚、お客様、地域社会に貢献する力とも言い換えることができるでしょう。
影響力とは、専門力と人間力の複合によって構成される力であり、リーダーシップの本質です。ぜひKQN学習会の場にご参集いただき、影響力を磨くき合う機会としていただければ幸いです。

人間力とは

人間には、ビジョンを描きその実現のための構想を組み立て、実行することによって環境に支配されることなく未来を創り上げていく力が備わっています。それには、未来志向の想像力・創造力ばかりではなく、他者と共鳴する思いやりと忍耐力、協働するための調和力や対話力、諦めない心の強靭さ、向上心など、人間独自の力が求められます。KQN学習会では、そうした力の総体を「人間力」(人間性知能)として位置づけ、鍛錬することで強化していくことのできる能力として、開発のための学びを深めていきます。

なぜ人間力を高める学びが必要なのか

かつての人間社会には、人間同士がぶつかり合い、扶助し合うことで切磋琢磨する機会が多くありました。その時代、労働の目的が生活にあったとはいえ、役立たない者は報酬を得ることができず、一所懸命に働く中で自然と人間力を磨くことができていたのです。
現代社会は、個人の満足を優先できるほどに物質的に豊かになったのですが、人間の関係性はそのための必要限度に留まることにもなりました。結果として人間力を高める機会に恵まれず、上述した能力が身に付きにくくなっています。研修会で得られる専門力も大事ではありますが、機械化が超加速している日本では、それだけでは十分ではありません。未来を創出する企業力を高めるために、また逆境に陥っても再起する力を手に入れるために、人間力を獲得する場が必要だと考え、提供させていただいている次第です。