セミナー参加者の声

平成29年度に実施した、KQNの学習会を受講された皆さんの感想やご意見を一部抜粋してご紹介します。今後、参加を検討されている方はぜひ参考にご覧ください。

キックオフセミナー

平成29年度は、石坂産業株式会社(埼玉県・産業廃棄物処理業)代表取締役 石坂典子氏にご登壇いただきました。

  • 価値観を変え、地域の人に愛される会社を作るという想いで決断をし続けた石坂さんのお話を伺い、自分もそのような人間になるために自分でできることを考え、実行していくことが大切だと思いました。
  • 人に影響を与える人というのは、本当に高い志を持っているんだということを改めて感じました。これから日々の仕事をしていく中で、先頭に立ってやっていけるよう自分自身の気持ちの部分から確立していきたいです。
  • 改めて私たちは何のために今の仕事をしているのかを考える機会になりました。また、私自身が社員に自分の思いをきちんと伝えきれていなかった・伝える努力が足りなかったと反省しています。今日のお話を自分なりに整理して、行動に移していきたいと思います。
  • 石坂さんは常に現場を見て回り、社員が抱える問題や現場のあるべき姿、地域と会社の関係性を知ろうと努力し、どうすればありたい姿に近づけるのかを考え実行していらっしゃいました。理想や目的をもって本気で改革に臨めば、会社の姿を全く違うものに変えられたり、業界のイメージアップにもつながるということを学べました。

新規職員人財化セミナー

  • 学習会の最初で考えた、「働くとは何か」という問い。「こんな風に働きたい」という、自分の目標とする働き方を言葉にするのが難しく、とても戸惑いました。今考えてみれば、指示された業務をただこなしているだけで、目標もなく働いていたからだと思います。この学習会を通して学んだことを自分なりに振り返ることはもちろん、自ら考え行動して、業務を通して多くのことを知り経験していく中で、自分の理想の働き方を見つけていきたいと思いました。
  • この学習会での一番の収穫は、仕事に対する向き合い方について一本の芯を通せたことだと思います。日々の業務に追われるうちに、入社当初の「人の役に立つ仕事がしたい、仕事を通じて自分自身を成長させたい」という志を忘れてしまい、やらなければならないから仕事をするという考えになっていることに気がつきました。今一度初心を思い出し、志を持って日々の業務に臨みます。
  • グループワークで色々な業種の人たちの意見や話を聞いて、仕事内容は違っても仕事や自分自身の成長に関する悩みはどこの会社でも同じだとわかり、「自分だけじゃない」と少し安心しました。働く上で知識や技術の向上はもちろん大事だと思いますが、もっと大切なことは主体性を持って行動することだと学びました。とにかく何事にもチャレンジして色々なことを吸収し、人間的にも成長して会社にとってなくてはならない人財になりたいと思いました。

現場力強化セミナー

  • セミナーでは異業種の方とグループワークをする機会がたくさんあり、自分と同じ課題や悩みを抱えている人たちとの対話を通して、課題に対する解決策を見出せたり、それまでは悩みが原因で仕事に対して後ろ向きな考えになりがちでしたが、「私も頑張ろう!」というエネルギーをもらうことができました。セミナーの後は、現場の一つひとつの仕事に以前より前向きに、積極的に取り組む意識が持てたように感じます。
  • 私は部下を持つようになって、一緒に働く仲間一人ひとりが働きやすい環境を作りたい、そして働きがいを感じて欲しいと考えるようになりました。でもまだまだ訓練が足りず、問題が起きればそこにかかりきりになってしまう自分がいます。今回のセミナーを通して、スタッフと一緒に成長していくためには、私がリーダーとして目標を定めてビジョンを描くことが大事だと学びました。お互いが人として信頼し合える関係・チームづくりをしていきたいです。
  • リーダーシップについてのグループディスカッションで、自分の意思や目的・想いなどの発信が十分でない点について課題を感じている方が多いと感じました。自分自身も、チームの雰囲気を意識しすぎるあまり自分の意見を出すタイミングを逃したり、メンバーそれぞれに対する理解や作業状況の把握が上手くいかないことがあります。自分ではチームのために考えてやっていることでも、周りが納得してついてきてくれなければ良い仕事にはつながらないので、周囲への声かけを意識し、伝え方を工夫しながら業務に取り組んでいきたい。

上司力強化実践学習会

  • 今回の学習会では、考えるよりもまず聞くことに集中しました。大原先生の話しに引き込まれ時間がとても短く感じました。グループディスカッションでは、業種・業態の違う方々が抱えている問題を共有でき、考えていることには共通点が多いと気づきました。学習会を通して見つかった自分の課題を見つけながら学んでいきたいと思います。
  • 私は事業所の管理責任者になり、上司力を上げる必要があると感じ学習会に参画しました。「こんなチームにしたい」という理想があり、色々なことを思案しながら業務をしているので私自身は充実感があるのですが、他のスタッフたちも同じような充実感を持ちながら業務に取り組めているのか、疑問に思うことがあります。一人ひとりが志を立て、自分がどうありたいかを描くことができるチームをこの学習会で通じてつくっていきたいと考えています。
  • 学習会の中で、歴史を知ることの大切さ、世界の大きな変化をしっかりと把握することの重要さを学びました。歴史に興味がなく、世の中の出来事も新聞やニュースで知る程度で、自分で詳しく調べたり誰かと意見交換することはありませんでした。広い視野を持ち、柔軟な考え方を身につけることが大切だと知りました。
  • 「働き方改革」や「パワハラ・モラハラ」などの言葉が叫ばれる今の時代において、特に若い世代の部下に対する指導方法に迷いがありました。強く指導することの弊害(過度にストレスを与えてしまわないか…等)が気になり、昔のようにお酒の席で部下と語り合ったり、相談を受ける機会も減りました。でもこの学習会を通して、上司が自信を持って前を向き成長し続ける姿こそが大切であり、それが上司力の礎になることがわかりました。今と昔で部下との関係性の作り方は変わりましたが、皆が同じ方向を目指して進むチームになれるよう、自分自身の成長を通してメンバーに良い影響が与えていけるように取り組みたいと思います。